ガソリンスタンドの給油風景。福井県ではレギュラーガソリン、灯油の店頭価格が値上がりした

 経済産業省が12月1日発表した11月29日時点のレギュラーガソリン1リットル当たりの全国平均小売価格は、22日時点の前回調査と比べて10銭安い168円60銭だった。3週連続の値下がりだが高値水準が続いた。灯油も約13年1カ月ぶりの高値で推移しており、冬場の暖房需要が高まる中、家計には負担となる。一方、福井県はレギュラーガソリン、灯油の店頭価格などが値上がりした。

 灯油18リットル(一般的なタンク1個分)当たりの価格は2円高い1952円で、2008年10月以来、約13年1カ月ぶりの高水準となっている。

⇒価格高騰で悲鳴…温浴施設の現状

 地域別ではレギュラーガソリンは24道府県で値下がりした。値下がり幅が最大だったのは群馬の1円20銭で、山口の1円10銭、埼玉と神奈川の60銭が続いた。値上がりは福岡など19都県で、大阪など4府県は横ばい。

 福井県の価格はレギュラーガソリンが169円40銭で前回調査(11月22日)に比べ20銭上がった。ハイオクは180円80銭で前回と変わらず。軽油は148円60銭で50銭上がった。灯油の店頭価格は18リットル(一般的なタンク1個分)で1963円で3円上がった。1リットル109.1円の計算となる。配達価格は2115円で3円下がった。

 調査した石油情報センターは、来週もレギュラーガソリンの値下がりを予想する。産油国の協調減産による需給逼迫の懸念が続く中、欧米を中心に新型コロナウイルス感染症再拡大で需要がいったん落ち着いていることが背景にある。新たな変異株「オミクロン株」の出現も原油価格の下押し要因になっている。