日本政府関係者によると、ナミビアから成田空港に着いた30代男性が感染していた新型コロナウイルスは11月30日、解析で新変異株「オミクロン株」と確認された。⇒オミクロン株の特徴とは

 後藤茂之厚生労働相は29日、男性の新型コロナウイルス陽性が確認され、新変異株「オミクロン株」かどうかを国立感染症研究所で解析していると明らかにしていた。厚生労働省によると、男性は28日夕、成田空港に到着し入国時の検査で陽性が確認された。発熱の症状があった。同行の家族2人は陰性だった。

⇒3回目のワクチン接種、副反応どのぐらい?

 これまでに英国由来のアルファ株、南アフリカのベータ株、ブラジルのガンマ株、インドのデルタ株などが確認されている。2021年7月20日から10月14日の福井県内第5波では、感染力が強いデルタ株の影響で感染が拡大。この期間の感染者は昨年3月以降の累計3115人の半数超を占めた。