気象庁は27日、この時期としては強い寒気が流れ込んだため、東日本や西日本の日本海側を中心に大気の状態が非常に不安定となり、落雷や竜巻などの激しい突風や、急な強い雨の可能性があるとして、注意を呼び掛けた。

 気象庁によると、東日本の上空約5500メートルには氷点下33度以下、西日本には氷点下27度以下の寒気が流れ込んでいる。

 発達した積乱雲の近づく兆しがあれば、建物内に移動するなど、安全確保に努めるよう求めている。ひょうが降る恐れもあり、農作物や農業施設の管理に注意が必要としている。