愛知県は11月25日、6人の新型コロナウイルス感染と、感染者1人の死亡を発表した。県内の感染確認は計10万6845人、死者は計1161人となった。県内の新型コロナの入院者数は24日時点で9人となり、昨年7月13日以来の1桁となった。

 一方、県は刈谷市の職場でクラスター(感染者集団)が発生し、今月24日までに16人が感染したと明らかにした。県内で新たなクラスターの確認は10月12日以来。

⇒新型コロナの飲み薬「パクスロビド」の効果は?

 福井県は10月15日、独自に出していた「感染拡大警報」を解除した。他県との往来は人混みを避け、マスク着用など感染対策を徹底するよう呼び掛けている。