この冬初めて出動した除雪車=11月24日午前3時半ごろ、福井県勝山市北谷町谷

 気象庁は11月24日、2021年12月~2022年2月の3カ月予報を発表した。日本海側の降雪量は東日本で平年並みか多く、西日本は多い。気温は北日本で平年並みか高い一方、ラニーニャ現象で寒気の影響を受けやすいため東日本は平年並みか低く、西日本と沖縄・奄美は低くなる。新潟地方気象台によると、福井県を含む北陸地方は寒気の影響を受けやすく、気温は平年並みか低い。降水量と降雪量はいずれも平年並みか多い。

 福井県内は24日、冬型の気圧配置となり、勝山市北谷地区の国道157号で同日明け方、今冬初めて除雪車が出動した。北谷地区での除雪車の初出動は昨年に比べ21日早く、2011年と並んで過去10年間で3番目の早さとなった。

⇒冬用タイヤいつ交換すべき? スタック脱出用の必需品は?

 ラニーニャ現象は、太平洋の赤道域の南米側で海面水温が低くなり、インドネシアやフィリピン周辺で高くなる状態。発生により、西高東低の冬型の気圧配置が強まりやすくなる。特に西日本を中心に、平年より低い気温になりそうだ。

北陸地方12月~2月の各月の予報

 ▽12月 冬型の気圧配置となりやすく、平年より曇りや、雨か雪の日が多い。

 ▽1、2月 曇りや、雪か雨の日が多い。

全国の12月~2月の各月の予報

 ▽12月 北日本は平年より日本海側で曇りや雪か雨の日が多く、太平洋側は晴れの日が少ない。東・西日本の日本海側は平年より曇りや雨か雪の日、太平洋側は晴れの日、沖縄・奄美は曇りや雨の日がそれぞれ多い。

 ▽1月 日本海側は北日本で曇りや雪の日、東・西日本で曇りや雪か雨の日が多い。北・東・西日本の太平洋側は晴れの日が多い。

 ▽2月 日本海側は北日本で曇りや雪の日、東・西日本は曇りや雪か雨の日がそれぞれ多く、太平洋側は晴れの日が多い。沖縄・奄美は曇りや雨の日が多い。