東京五輪・パラリンピックのアルバイトから帰る途中、酒を飲んで電動キックボードを運転し、事故を起こしたとして、警視庁渋谷署は18日、道交法違反(酒気帯び運転など)の疑いで大阪市浪速区の飲食店アルバイトの男性(25)を書類送検した。捜査関係者への取材で分かった。

 電動キックボードは道交法上「原動機付き自転車」に分類される。公道を走行するには運転免許やヘルメットの着用が必要。一方、国は規制緩和に向け、一部地域でヘルメットの着用を任意とするなど特例措置を設けた実証実験をしており、男性は参加事業者が貸し出した電動キックボードに乗っていた。

 書類送検容疑は8月26日未明、東京都渋谷区の都道で、酒気を帯びた状態で、携帯電話を操作しながら電動キックボードを運転し、信号待ちの救急車に追突した疑い。捜査関係者によると、けが人はいなかった。現場近くで飲酒し、宿泊先に帰る途中だった。