消火栓が破損し、水が激しく吹き出した現場=11月16日午後4時40分ごろ、福井県福井市四ツ井1丁目(住民提供)

 11月16日午後5時ごろ、福井県福井市四ツ井1丁目と米松1丁目にまたがる市道で、舗装工事をしていた業者から「消火栓を破損してしまった」と福井市に連絡が入った。水があふれ出したため、同5時50分ごろに付近の水道管をふさぎ、アパート2棟、住宅11軒の計51世帯が断水した。約3時間40分後に復旧した。

 市水道管路課によると、消火栓のホースとの接続部分を誤って破損したとみられる。

 近くに住む40代女性は「ドンという大きな音がして驚いた。高さ10メートルくらいまで水が吹き上がり、10分ほどで道が冠水した」と当時の状況を話した。