全日本剣道選手権大会決勝、林田匡平(右)と星子啓太=11月3日、東京・日本武道館

林田匡平選手

 剣道の第69回全日本選手権は11月3日、東京・日本武道館で行われ、福井県代表の林田匡平5段(丸岡高校教員)が準優勝した。福井県勢では過去最高の成績。

 決勝では鹿児島県代表の星子啓太選手と対戦し、敗れた。

 林田選手は長崎県出身、筑波大学卒。6月に福井県内で行われた第18回福井県剣道選手権で3年ぶり3度目の優勝を果たし、福井県代表として出場した。⇒林田選手のプロフィール