くら寿司の「ぶりひら」(手前)

 くら寿司は、近畿大学が開発したブリとヒラマサの交雑種ブリヒラをネタにしたすしを11月3日から期間限定で提供する。脂が乗ったブリのうまみと、ヒラマサのコリコリとした食感の両方を楽しめる。くら寿司によると大手回転ずしチェーンでブリヒラを扱うのは初めて。価格は2貫1皿で220円。全国の店舗で11月14日まで販売する。

 提供するのは「ぶりひら」と「ゆず漬けぶりひら」の2種類。高知県宿毛市の養殖場で約3キロまで育ったブリヒラを水揚げ後、速やかに「神経締め」をし、店舗でネタに切り分けて提供するという。

 くら寿司は国内漁業の持続的な発展への取り組みに力を入れており、出荷管理がしやすい養殖魚の活用はその一環。担当者は「ブリやヒラマサは旬が限られるが、養殖のブリヒラは季節を問わず食べることができる。ぜひ味わってほしい」と話している。

 近大は魚類の交雑種や養殖の研究に力を入れている。2002年にはクロマグロの完全養殖に世界で初めて成功。「近大マグロ」のブランドで各地に出荷している。