【ゆるパブ】寒くなり続く肩こり、頭痛…寒暖差疲労の可能性 対策方法、姿勢の改善も効果

 皆さん、最近急に冷えて気温差に悩まされていませんか?僕は福井市でカイロプラクティックを生業としている石橋秀俊です。もともと冷え性で季節問わず足が冷たい状況が続いていました。どうしてこんなに足が冷たいのか、どうして風邪をひいてしまうのか。そう考える方は少なくないと思います。今回は、「気温差が身体に及ぼす影響」についてそれを詳しくお話していきます。

秋口に起こる不調とその理由

 皆さん、「寒暖差疲労」というのを聞いたことがあるでしょうか。気温差が激しいと自律神経が乱れ様々な不調が起こってくるものなのですが、この時期は特に体温調節が難しく自律神経が頑張りすぎてしまうのです。それにより、熱いときは血管を膨張させて熱を外に放射し、寒いときは血管を収縮させ放熱を抑えるのですが、気温差が激しいと自律神経が疲れてしまい、「寒暖差疲労」になってしまうのです。
 この寒暖差疲労の主な症状として、
 ・季節の変わり目に体調を崩しやすい
 ・顔がほてりやすい
 ・足や顔がむくみやすい
 ・末端が冷える
 ・寝つき、寝起きが悪い
 ・肩こり、首こりがいつもより重い、痛い
などという症状があげられます。
この寒暖差疲労、秋口だけに起きる症状ならまだ良いのですが、季節問わず上記にあげた症状が1つでもあればそれは体が歪んでいることが原因なのかもしれません。

寒さによる症状と姿勢の関係

 肩こり、頭痛、腰痛、慢性的な痛みなどに悩まれている方は特に冬が一番痛みを酷く感じている方も中にはいらっしゃると思います。なぜかというと、寒いとき人は熱を外に放射しないように丸くなろうとするからです。その際に、もともと内巻きだった肩がさらに内巻きになったり、ストレートネックだった首がさらにストレートが強くなったり、硬かった筋肉がさらに硬くなりやすいからです。そして、その状態がいつの間にか自分の癖に変わってしまい、良い姿勢を作れなくなってしまうのです。

ダイエットなら秋~冬がオススメ

 「寒暖差疲労」を引き起こす秋口ですが、悪いことばかりではありません。ダイエットを始めるには格好のシーズンなんです。皆さんはダイエットするなら春や夏をイメージしがちですが、実は秋から冬が一番おススメなのです。なぜなら身体の基礎代謝のピークは秋~冬だからです。冬は外気温が低くなり、体温を維持する為に熱エネルギーが活発化します。それにより基礎代謝が高くなります。だから自然とエネルギー消費が高くなるので痩せやすい環境が整うのです。そして旬の野菜にはビタミンとミネラルを含んだ物が多いので、環境だけでなく食にもダイエットに向いているのです。夏は外気温が高いので体温を保つための熱エネルギーを生み出す必要があまりありません。ですので基礎代謝があまり高くなりません。

寒暖差疲労からの脱却や効率的なダイエットをするには

 寒暖差疲労が起こる前に、頭痛、肩こり、首こり、腰痛、むくみなどがあった方は、その部分の血液循環が悪かったので起きていた症状なのです。それが寒暖差により血管が熱を放射しないように収縮させ、もっと血液循環を悪くして痛みや重さを強くしてしまうのです。ではどうすればよいか、「姿勢を良くし、全身の血液循環を良くする」が答えになります。そして、そうするには様々なアプローチの仕方があります。筋力トレーニング、ヨガ、ストレッチなど体を動かす事も入ってきます。そして何よりダイエットに欠かせないのは「運動」です。だから姿勢を良くしながら運動をすると基礎代謝が上がる季節なので、代謝がさらに上がります。さらに上がると脂肪燃焼効率が全然変わってきます。だから「ダイエット」をするなら「姿勢」と「血液循環」を意識するのが良いのです。

 ただ「姿勢」「血液循環」の改善については、自分ですることはかなり難しいです。だからカイロプラクティックが有効的だと思います。姿勢の悪さは「骨の歪み」から引き起こされるものなので、歪みを取らない限り姿勢というのは、完全な状態になりません。血液循環の悪さや神経系の働きの機能低下も骨の歪みからくるもので、骨の歪みを取り除くにはカイロプラクティックは有効な手立てです。
 

⇒【関連】肩こり放置のリスク、頭痛の先にうつ病や癌の恐れも 症状解消に必要なこと

 ×  ×  ×

このコラムに対するみなさんのコメントをFacebookで受け付けています。

 ⇒ゆるパブリックの公式サイト

【ゆるパブコラム】福井の若者や学生、公務員、起業家、経営者、研究者などがゆるくつながり活動する一般社団法人ゆるパブリック(略称:ゆるパブ、2015年福井に設立)が、さまざまな視点から福井のまちの「パブリック」に迫ります。ゆるパブメンバーを中心に執筆中。