生命保険は必要

自分にもしものことがあった場合、残された家族の生活を保障するために加入するのが生命保険です。

しかし、高い保険料を長い間支払わなければならないことや、もしものことが起きるとは限らないといった理由から、生命保険は必要無いという声が聞かれるのも事実です。

今回は生命保険の必要性について、さまざまな視点から解説していきます。
生命保険の必要性のポイント

・自分のためではなく家族のため
・貯金よりも大きな保障がある
・ライフスタイルに合わせて選べる

生命保険の必要性を解説!

自分のためではなく家族のため

自分のためではなく家族のため

保険会社によっては生命保険に医療保障が含まれるものもありますが、一般的には生命保険=死亡保障であり、自分自身のためではなく「家族のために加入する保険」です。

今は子供がいない家庭でもいずれ子供を持ちたいと思っている場合、子供が小さいうちに自分にもしものことがあるかもしれません。

生命保険に加入していれば、死亡保険金で配偶者や子供の生活を守れます

いずれ結婚して家庭を持ちたいと考えている人は、結婚を機に生命保険に加入するといいでしょう。

貯金よりも大きな保障がある

生命保険に加入し所定の期間保険料を支払っていれば、契約者が死亡した際には契約期間にかかわらず受取人に死亡保険金が支払われます

死亡保険金をいくらにするかは人によって違いはあるものの、例えば2,000万円に設定していた場合、所定の期間保険料を支払っていれば手続き後すぐに2,000万円が支払われるのです。

万一に備える保障を確保できるという意味でも生命保険がおすすめと言えます。

ライフスタイルに合わせて選べる

ライフスタイルに合わせて選べる

将来のためしっかり備えたいのであれば「貯蓄型」、あまり必要性は感じないが、念のため保障がほしい場合は、保険料が割安の「掛け捨て型」がおすすめです。

貯蓄型と掛け捨て型の違いをよく理解して、自分に合った方を選びましょう。

生命保険の必要性を実感しやすい人の特徴

生命保険の必要性については、ライフスタイルによっても感じ方が変わってきます。ここでは、生命保険の必要性を実感しやすい人はどんな特徴があるのかを見ていきましょう。

生命保険の必要性を実感しやすい人

・自身が稼ぎ頭の人
・養う家族がいる人
・経済的な余裕がない人

自身が稼ぎ頭の人

自身が稼ぎ頭の人

現在自分が稼ぎ頭であり、自分にもしものことがあった場合に家族の生活が立ち行かなくなる可能性がある人は、生命保険の必要性を実感しやすいでしょう。

専業主婦だった妻が働きに出るとしてもすぐに仕事が見つかるとは限りませんし、子供が小さいため保育園に預けるとなれば保育料も必要です。

こんなとき、生命保険に加入していれば保険金が支払われるので、当面の間は経済的不安が解消されます。

養う家族がいる人

退職した両親と同居している人・配偶者や子供など扶養家族がいるなど扶養家族が多い人ほど生命保険の必要性は高いと言えます。

家族が多いほど生活費も多くかかりますし、残された家族が仕事をすると言っても家族を養えるだけの収入を確保するのは大変です。

このケースでも保険金があれば、生活を立て直す間の生活費を保険金でまかなえます。

経済的な余裕がない人

経済的な余裕がない人

収入が少なく思うように貯金できない人や、支出が多く毎月ギリギリで経済的な余裕がない家庭で、稼ぎ頭にもしものことがあったら

蓄えもなく収入が途絶えれば生活が立ち行かなくなるのは想像に容易いでしょう。

経済的に苦しいと保険料の支払いという問題もありますが、保険金の設定を下げたり余計な保障を省いたりすることで保険料は抑えられます。

解約時の返戻金はありませんが、保険料が割安な掛け捨て型を選ぶのも手です。

生命保険の必要性を実感しづらい人の特徴

では次に、生命保険の必要性を実感しづらい人はどんな人かについて詳しく見ていきます。

生命保険の必要性を実感しづらい人

・既に十分な蓄えがある人
・独身である程度の貯金がある人
・子供がいない共働き夫婦

既に十分な蓄えがある人

既に十分な蓄えがある人

自分にもしものことがあり収入が途絶えても、残された家族が生活していけるだけの貯金がある人は、生命保険の必要性を感じないでしょう。

貯金だけでなく不動産や金融資産などがある人、貯金はあまりないが実家に援助してもらえる人であれば、無理に生命保険に加入する必要はありません

独身である程度の貯金がある人

現在もこの先も独身で結婚する予定がない人は、残された家族の生活を心配する必要もないため生命保険の必要性を感じづらいでしょう。

ただし、親や兄弟がいる場合、生活費の心配はありませんが葬儀代のことを考えておく必要があります。

葬儀代をまかなえるだけの貯金があれば親や兄弟に迷惑をかけずに済むので、生命保険は不要と考えても問題ありません。

子供がいない共働き夫婦

子供がいない共働き夫婦

子供がいない共働き夫婦はどちらかにもしものことがあっても、突然収入が途絶える可能性は低いので、生命保険の必要性は低いと考えていいでしょう。

ただし、残された方が経済的に自立できていても、病気やけがで働けなくなる可能性はあります。生命保険は不要でも医療保険は検討した方がいいかもしれません。

最近は就業不能保険もありますので、生命保険以外の選択肢も検討してみてください。

生命保険に迷ったら保険相談窓口がおすすめ!

生命保険に加入しようと思っても、種類が多いと何を基準に選べばいいかわからず迷ってしまう人も多いのではないでしょうか?

適当に選んで失敗しないためにも、選ぶ際はライフスタイルに合わせて選ぶようにしましょう。

よくわからない人には、保険のプロが相談に乗ってくれる「保険相談窓口」をおすすめします。無料なので気軽に相談できますよ。

保険相談窓口のおすすめを3つ紹介しますので生命保険を決める際の参考にしてください。

ほけんのぜんぶ

ほけんのぜんぶ
おすすめポイント

無料電話相談サービスを実施
24時間365日相談受付
相談後の面談でもれなくプレゼントがもらえる
※1
269名のFPが在籍※2
・生命保険以外にもあらゆる保険の相談ができる

ほけんのぜんぶは30社以上の保険会社を扱い、累計申込件数19万件※3、子育て世帯相談件数15,000組※4を達成している実績があります。

さらに、269名のFPが在籍しており、訪問するFPはすべて、入社から1年以上で資格取得率100%なので安心です。

相談内容は多岐にわたり、生命保険以外にも教育資金や老後資金、住宅資金まであらゆる保険の相談ができます。

相談受付は24時間365日対応しているので、自分のタイミングで相談可能です。

相談の面談をした人には、もれなくプレゼントがもらえますよ。

ほけんのぜんぶの基本情報

窓口 オンライン/訪問/電話
取扱保険会社 30社以上
主要商品 生命保険/医療保険/火災保険/がん保険/学資保険
対応地域 全国21拠点(離島を除く)

※1,2:2020年2月時点
※3,4:2021年4月時点
出典:公式サイト

保険市場

保険市場

おすすめポイント

・相談方法の選択肢が多い
相談件数52,000件
※1
100人以上のコンサルタントが在籍
コンサルタントを指名できる

保険市場は、オンライン・店舗・訪問以外にも、電話やLINEなど相談方法の選択肢が豊富に揃っています。パソコンを持っていない人でも、スマホがあれば相談が可能です。

93の取り扱い保険会社から複数を比較できるので、相談者に合った最適なプランを提供できるのも強みと言えます。

100人以上のコンサルタントが在籍しており、相談者がコンサルタントを指名できる制度を導入しているのも特徴です。

より多くの保険を比較して自分に合った生命保険を選びたい人は保険市場を検討してみてください。

保険市場の基本情報

窓口 オンライン/店舗
訪問/LINE/電話
取扱保険会社 93社以上
主要商品 生命保険/医療保険/女性保険/がん保険/自動車保険
対応地域 全国

※1:2021年8月2日時点
出典:公式サイト
※2021年10月29日時点のものなので変更になる可能性があります。

保険見直し本舗

保険見直し本舗
おすすめポイント

何度でも無料で相談できる
専任の担当者が対応
・都合のいい相談方法を選べる
キッズスペースのある店舗も!

保険見直し本舗は、40社以上の保険会社の中からその人のニーズやライフプランに合わせて最適な組み合わせを提案してもらえます。

初めて生命保険に加入する人はもちろんのこと、今加入している生命保険を見直したい人にもおすすめです。

1組につき専任の担当者が対応するので、1度で相談しきれず複数回にわたって相談する際もスムーズに対応してもらえます。

相談方法は、店舗・訪問・オンライン・電話から都合のいい方法を選べるのもポイントです。

店舗によってはキッズスペースを設けているところもあるので、小さいお子さんがいる人も安心でしょう。

保険見直し本舗の基本情報

窓口 店舗/オンライン/訪問/電話
取扱保険会社 40社以上
主要商品 生命保険/損害保険
少額短期保険
対応地域 全国322店舗

出典:公式サイト

生命保険の相談を保険相談窓口にするメリット

なぜ生命保険を選ぶのに保険相談窓口がおすすめなのか?保険相談窓口を利用するメリットについて詳しく解説します。

保険相談窓口を利用するメリット

・保険のプロが的確なアドバイスをくれる
・無料で何度でも相談できる
・保険を一括比較できる
・都合のいい相談方法を選べる

保険のプロが的確なアドバイスをくれる

保険のプロが的確なアドバイスをくれる

保険相談窓口で保険の提案をするのは、FP(ファイナンシャルプランナー)です。

FPは保険以外にも金融や貯蓄など幅広い知識を持っているので、相談者のライフスタイルに合わせて最適なプランを提案してもらえるのがメリットです。

生命保険に関する情報はネットでも簡単に調べられますが、適当に選んでしまうと必要な保障がなかったり、すぐに解約して返戻金を受け取れず損をしたりする可能性もあります。

保険相談窓口でプロにアドバイスをもらいながら決めれば、こういった失敗もなく、その人にとって最適な保険プランを提案してもらえるのは大きなメリットです。

無料で何度でも相談できる

保険相談窓口は誰でも気軽に利用できること、何度相談しても一切費用がかからないのが最大のメリットです。

無料と言ってもなにかからくりがあるのでは?と不安に思う人もいるでしょう。保険相談窓口は、保険会社に顧客を紹介することで手数料をもらい成り立っています。

そのため、相談者は一切の費用負担をせず相談できるのです。提案されたプランに納得できない場合は断ってもOKですし、断ったからと手数料を請求されることはありません。

強引な勧誘もないので安心して利用できます。

保険を一括比較できる

保険を一括比較できる

各保険会社から資料を取り寄せるよりも効率がよく、保険会社による違いなども簡単に比較できます。

複数のプランを同時に比較して最適なプランを選べるので、失敗しにくいのも嬉しいところです。

保険会社を複数契約することになっても、加入手続きまで対応してもらえるので面倒な手間も省けます。

都合のいい相談方法を選べる

保険相談窓口会社による違いはありますが、相談方法を選べるのもメリットのひとつです。

例えば駅ビル内やショッピングセンターに店舗があれば、仕事帰りや買い物ついでに立ち寄って相談できます。

小さい子供がいたり介護中で家を留守にできなかったりする人は、訪問・電話・オンラインなど自宅での相談も可能です。

LINEを使用して相談できるところも増えているので、来店が難しい人も都合のいい方法を選べます。

生命保険がいらないという人の意見とはどんなもの?

生命保険の必要性を感じているのであれば直ぐにでも加入の検討をおすすめしますが、中には必要性を感じないので生命保険はいらない派もいます。

生命保険がいらないと考える人はどんな意見を持っているのかを見ていきましょう。

生命保険いらない派の主な意見

・そもそも生命保険の必要性を感じない
・公的保障で十分
・十分な貯蓄がある
・保険料がもったいない
・保険より効率のいい資産運用をしている

そもそも生命保険の必要性を感じない

そもそも生命保険の必要性を感じない

今までに大きなけがや病気をしたことがない人は、病院に行くこともなく保険も使わないので生命保険の必要性を感じないのも無理はないでしょう。

年齢を重ねるに連れて病気のリスクが上がるとされていますが、20代や30代で健康な人は自分が病気で死ぬかもしれないことを想像するのは難しいかもしれません。

根本的な部分で必要性を感じていない人にとっては生命保険は無意味と思う傾向があるようです。

公的保障で十分

日本は世界的に見ても公的保険制度が充実しているので、公的保障があれば十分という考えの人もいます。

大きい病気や怪我で入院した場合でも、健康保険に加入していれば治療費は自己負担分のみです。稼ぎ頭が亡くなった場合でも、扶養家族であれば遺族年金が支払われます。

公的保障で満足できそうな人は、高い保険料を支払ってまで生命保険に加入しようとは思わないようです。

十分な貯蓄がある

十分な貯蓄がある

生命保険に加入する理由の多くは、もしものときに家族が生活に困らないよう保障を確保しておきたいというものではないでしょうか。

しかし、既に十分な貯蓄があれば保障がなくても困りません。

残された家族が貯蓄で十分に生活していけるのであれば、生命保険に加入しようとは思わないようです。

保険料がもったいない

掛け捨て型生命保険は、途中で解約しても解約返戻金は戻ってきません。貯蓄型であれば解約しても返戻金はありますが、保険料が割高です。

掛け捨て型は保険料が割安ですが、途中で解約しても返戻金はもらえないので保険料がもったいないと感じる人は加入する必要はないと考えるのでしょう。

保険よりも効率のいい資産運用をしている

保険よりも効率のいい資産運用をしている

貯蓄型の生命保険であれば解約しても返戻金は戻ってきますが、ここ最近では返戻率が下がる傾向が見られます。

資産運用を目的とする人は、効率の悪い生命保険よりも他の投資方法を選ぶ方が効率がいいと考えるようです。

投資にはリスクがありますが、資産運用が目的の場合は、生命保険に魅力を感じないのかもしれません。

まとめ

生命保険の必要性は、その人のライフスタイルによっても違ってきます。今は必要性がないのであれば無理に加入する必要はありません。

しかし、家族がいる人は自分にもしものことがあった場合、家族の生活を守るためには生命保険に加入するのも一つの手です。

既に生命保険に加入している人も、時間が経過している場合は必要な保障が足りなかったり、余分な保障があったりする可能性があるので見直しをおすすめします

生命保険の加入を検討、見直したい人は、紹介した保険相談窓口を参考に最適な保険を見つけましょう。

こちらの記事もおすすめ!

※比較プロは、さまざまな商品の徹底調査、比較したコンテンツ(一部プロモーション含む)を掲載しております。株式会社ゼロアクセルが制作、監修したものをそのまま掲載しております。本コンテンツへのお問い合わせはゼロアクセルに直接お願いします。

・本記事の内容は、本記事内で紹介している商品やサービスについて、いかなる団体や個人の意見を代表するものでもなく、いかなる保証をするものでもありません。本記事内で紹介している商品やサービスの詳細につきましては、当該商品やサービスを提供している企業様等にお問合せいただく等の方法でご確認いただきますようお願いいたします。
・本記事は、作成または更新がなされた時点の情報を基礎として作成されております。そのため、最新の情報とは相違が存在する場合がございます。