北陸電力グループが北陸のセブン―イレブン約300店舗に電力供給するため、テクノポート福井に建設する大規模太陽光発電所のイメージ図

 北陸電力グループは10月28日、北陸3県のセブン―イレブン約300店舗向けに再生可能エネルギーで発電した電力を供給するため、大規模太陽光発電所を福井県坂井市のテクノポート福井に建設し、2022年春から運用開始すると発表した。太陽光パネルの設備容量は北陸電グループ最大規模で、再エネの電力を遠隔地から供給する枠組みを導入するのは初めて。

 セブン-イレブン・ジャパン(東京)は、将来的に店舗運営の使用電力を再エネ100%にする目標を掲げている。北陸電グループは、再エネの地産地消を通して北陸の脱炭素社会実現への貢献を目指しており、方針が一致したという。

 大規模太陽光発電所の建設地は、坂井市三国町米納津のテクノポート福井にある北陸電の社有地。設備容量は6220キロワットで、6万平方メートルの敷地に太陽光パネル1万4千枚を設置する。一般家庭約2200世帯の年間使用電力に相当する年間673万キロワット時の発電を想定し、二酸化炭素(CO2)排出を年間3150トン削減できる。

 発電所の所有は同社グループ子会社の北陸電力ビズ・エナジーソリューションとなり、建設費やメンテナンス費なども負担。20年間にわたって北陸のセブン―イレブン各店に再エネの電力を供給し、各店の使用電力の一部を賄う。

 北陸電は「今後もセブン―イレブンと北陸のCO2排出削減に向けたさまざまな取り組みを検討したい」としている。