プロ野球パ・リーグで25年ぶりの優勝を決め、胴上げされるオリックス・中嶋聡監督=10月27日、大阪府の京セラドーム大阪

吉田正尚

 福井県の敦賀気比高校出身の吉田正尚、山田修義、山崎颯一郎が所属しているプロ野球オリックスが10月27日、25年ぶり13度目のパ・リーグ優勝を決めた。25日にレギュラーシーズン全日程を終えた中、2位ロッテが1-2で楽天に敗れ決定した。

⇒【D刊】敦賀気比高出身が投打で支え

 吉田は、今季110試合に出場して打率3割3分9厘、21本塁打、72打点。10月2日に右手首付近に投球を受けて負傷し、出場選手登録を外れた。

⇒吉田正尚、苦境乗り越え屈指の強打者に

 山田は12年目の今季、中継ぎとして43試合に登板した。

 5年目の山崎は、2019年に右肘の手術を受けて育成契約となったが今季、支配下選手に復帰した。

⇒山崎颯一郎投手がプロ初勝利