広島の高山スカウトから帽子をかぶせてもらう前川誠太(左)=10月26日、福井県の敦賀気比高校

 広島にドラフト育成2位指名された敦賀気比高校の前川誠太内野手(18)が10月26日、福井県敦賀市の同校でスカウトから指名あいさつを受けた。前川は「話をして指名された実感が湧いてきた。何が何でも支配下登録を勝ち取りたい」と語った。

 広島の高山健一、尾形佳紀両スカウトが訪れ、前川と同校野球部の中野洋一郎部長、東哲平監督が出迎えた。

 高山スカウトは「バントなどの小技を磨いてチームに欠かせない選手になってほしい」と期待。尾形スカウトは「プレーが柔らかい。体をもっと大きくすれば、打撃も守備も一流になれる」と評価した。

⇒守備が大好き、堅守で救ったチームのピンチ

 広島には同校出身の西川龍馬外野手と育成の木下元秀外野手が在籍している。前川は「先輩たちから刺激をもらって、守れて打てる、多くの人から愛される選手を目指す」と意気込んだ。