北陸大学野球秋季リーグ1部優勝決定戦・福井工大-金沢星稜大、優勝を決めて喜ぶ福井工大の選手たち=10月23日、石川県立野球場

 北陸大学野球秋季リーグは10月23日、石川県の石川県立野球場で1部の優勝決定戦と1、2部の入れ替え戦第1戦が行われた。1部優勝決定戦に臨んだ福井工大は金沢星稜大に3―0で零封勝ちし、中止となった昨年と今年の春季リーグを挟み、10季連続優勝を果たした。

 福井工大は二回、2死二塁で矢野流々希が中前適時打を放ち先制。四回は川島拓弥の中越え適時二塁打で、六回には大西良来(福井工大福井高出身)の右前適時打でそれぞれ1点を追加した。投げては祝原光希、立石健、谷優希の継投で相手打線を被安打4、無失点に抑えた。

 福井工大は30日から愛知県で行われる愛知・東海・北陸王座決定戦に出場する。