滋賀県の大津市は10月23日、市内の診療所で12歳未満の子ども1人に、誤って新型コロナウイルスワクチンを接種したと発表した。インフルエンザワクチンと取り違えたのが原因。子どもの健康に支障は出ていないとしている。

 市によると、この診療所では、新型コロナワクチン入りの注射器とインフルエンザワクチン入りの注射器を、別々のトレーに置いて用意していた。接種の際にトレーを並べてしまったため、22日夕、注射を打つ医療従事者が間違えた。

 また、滋賀県は23日、6人の新型コロナウイルス感染を発表した。県内の感染確認は1万2389人になった。

 福井県は10月15日、独自に出していた「感染拡大警報」を解除した。他県との往来は人混みを避け、マスク着用など感染対策を徹底するよう呼び掛けている。