福井県福井市殿下地区の郷土料理「葉ずし」(レディーフォーHPから)

 福井県福井市殿下地区の郷土料理「葉ずし」の味を次世代に伝えようと、地区の女性有志「殿下道草だんごの会」が移動販売に用いるワゴンの製作を目指している。同会は10月20日、福井県に特化したクラウドファンディングサービス「ミラカナ」で資金50万円の募集を開始した。

▽実行者:殿下道草だんごの会
▽目標金額:50万円
▽締め切り:11月30日
▽リターン:5千円から10万円まで13種類

 葉ずしは五目ずしをアブラギリの葉で包んだ郷土料理。同会によれば、地区の若い世代では作れる人がほとんどいないという。若者や子どもたちに葉ずしに関心を持ってもらうため、移動販売に用いるワゴンを地区住民が協力して作るプロジェクトを立ち上げた。

 【ミラカナ】福井県に特化したクラウドファンディング(CF)サービス。県内でさまざまなプロジェクトを始める人の資金調達を応援するプラットフォームとして2018年4月に福井新聞社、福井銀行、レディーフォーが連携して始まった。21年6月から福邦銀行が事業に参画した。