新型コロナウイルスワクチンの3回目接種「ブースター接種」は2021年12月から医療従事者を対象に始まり、2022年1月からは高齢者を中心とした一般に拡大される。無料接種の対象は2回目の接種から原則8カ月以上経過した18歳以上。3回目に1、2回目と異なる製品を打つ「交差接種」が認められている。

 福井県内での3回目接種の12月2日、国の先行接種として県内で1番最初に接種した福井勝山総合病院の医療従事者からスタート。その後、医療従事者の約3万1千人を対象に順次進めていく。2022年1月からは高齢者施設の入所者や職員に対する接種も順次始める見通し。在宅の高齢者は1月末ごろ、65歳未満の県民は3月ごろから始まる見通し。

⇒新変異株「オミクロン株」とは…感染力やワクチン・治療薬の効果は?

3回目接種は2回目から何ヶ月後?

 厚生労働省は、2回目と3回目の接種間隔を原則8カ月以上としているが、状況に応じて6カ月に短縮できるとしている。厚労省は短縮できる対象について11月26日、クラスター(感染者集団)が発生した病院や高齢者施設の利用者、職員などと公表。同じ保健所管内の病院や施設で複数のクラスターが起きた場合は、管内の他の病院の職員なども対象にするとしている。短縮を行う自治体は対象範囲や人数など接種計画を策定して厚労省に相談が必要。

⇒ファイザー、モデルナ、アストラゼネカ…違いは

3回目接種の副反応どのぐらい?

 追加接種後の副反応について、ファイザー製とアストラゼネカ製は、1回目や2回目接種後と比較して同程度か低い頻度、モデルナ社ワクチンは「認容できる安全性プロファイル」と報告されている。

◆ファイザー(306例を評価)
・2回目接種と比べ、副反応の頻度は同程度か低い
・3回目接種から7日以内の副反応は通常、軽度から中等度。頻度が高い副反応は、注射部位の疼痛や疲労、頭痛、筋肉痛や関節痛、悪寒
 • 重大な全身性の副反応の発生頻度は低い

◆アストラゼネカ(80例を評価)
・3回目接種後、評価対象の65例に局所性の副反応が見られた
・3回目接種後、4例が中等度~重度の全身性の副反応を2つ以上報告したが、1回目接種後より少なかった

◆モデルナ(mRNA-1273は20例、mRNA-1273.351は19例を評価)
・mRNA-1273、mRNA-1273.351 50µgの3回目接種は認容できる安全性プロファイルだった。3回目接種後の局所副反応全体の頻度は、それぞれ90%、68.4%
・副反応の過半数は軽度(グレード1)か、中等度(グレード2)。mRNA-1273で頻度が高い副反応は、疼痛90%、疲労70%、頭痛55%、関節痛50%、筋肉痛45%
・グレード3の副反応は、mRNA-1273が15%、mRNA-1273.351が11%で、グレード4の副反応は報告されなかった

3回目接種の効果は?

 厚生科学審議会(予防接種・ワクチン分科会)の資料によると、日本国内で広がったデルタ株に対するワクチンの発症予防効果は、ファイザー製を2回接種した場合に88%、アストラゼネカ製で67%との報告がある。3回目の追加接種を行った場合、モデルナ製を含めた3つのワクチンはいずれも中和抗体価が増加すると報告されている。

◆ファイザー製
 ファイザー社は、2回目接種後と比較して、3回目の追加接種で中和抗体価が増加すると報告している。55歳以下は、2回目接種から7日後と比較し、3回目接種から1カ月後の中和抗体価は野生種で4倍以上、ベータ株で10倍以上に上昇。デルタ株では2回目接種、3回目接種からそれぞれ1カ月後で比較し、55歳以下で5倍、65~85歳で11倍以上に上昇としている。

◆モデルナ製
 モデルナ社も、ファイザー社と同様に、3回目接種で野生種や変異株に対する中和抗体価が増加すると報告している。2回目接種から6カ月以内に追加接種し、14日後に中和抗体価を測定すると、野生種で約23倍、ベータ株で約32倍、ガンマ株で約44倍、デルタ株で約42倍に増加(mRNA1273 50µgを使用)としている。

◆アストラゼネカ製
 アストラゼネカ社も、3回目接種後に抗体反応、中和抗体価が増加するとの報告がある。2回目接種後23~39週に追加接種を行った75例を評価した。

「ブースター」ってどういう意味?

 ブースター(booster)は「増幅器」「(薬の)効能促進剤」などを意味する。当初の規定回数を超える接種は「ブースター接種」と呼ばれ、低下した免疫を再び高める効果が期待されている。

追加接種に関する海外の状況

◆イスラエル
【3回目接種】開始済み
【対象】12歳以上の全市民
【接種時期】2回目接種から約7カ月

◆フランス
【3回目接種】開始済み
【対象】高齢者、免疫不全者ら
【接種時期】2回目接種から約8カ月

◆ドイツ
【3回目接種】開始済み
【対象】高齢者、免疫不全者ら
【接種時期】2回目接種から約8カ月

◆シンガポール
【3回目接種】開始済み
【対象】9月15日~60歳以上や免疫力が弱い人、10月4日から50代以上を追加

◆イギリス
【3回目接種】開始済み
【対象】高齢者施設の入居者や医療従事者、50歳以上
【接種時期】2回目接種から8カ月以上

◆アメリカ
【3回目接種】開始済み
【対象】65歳以上、18歳以上は重症化リスクの高い人や医療関係者、教師らに限定
【接種時期】2回目接種から6カ月以上

◆ブラジル
【3回目接種】開始済み
【対象】70歳以上や免疫力低下者から、60歳以上の全てに人に拡大

※このほか、チリ、ドミニカ共和国、ウルグアイなども追加接種を開始済み

◆国連
追加接種の導入はエビデンスに基づき最も必要としている集団を対象とすべきであるが、現在のところエビデンスが限定的であることから、当面は一次接種の世界的な接種率を高めることに重点を置くべき(8月10日)

◆EU
全ての認可されたワクチンで新型コロナウイルスによる入院、重症化、死亡に対する高い予防効果が示されているため、緊急に追加接種を行う必要性はない。ただし、一次接種で免疫反応が不十分な場合には、追加投与を検討できる(9月1日)