第145回北信越地区高校野球大会は10月17日、長野県内の2球場で準々決勝4試合を実施。松本市野球場の第2試合は、敦賀気比(福井3位)が10―2で北越(新潟1位)にコールド勝ちし、準決勝進出を決めた。

北越
000  100  1…2
122  014  x…10
敦賀気比

■北越 山倉大武、西潟晴斗、山田直輝-宇野浩平
■敦賀気比 上加世田頼希、清野仁楽、桶谷司-渡辺優斗

▽本塁打 伊藤(敦)

⇒【敦賀気比―北越】全打席の結果はこちら

⇒準々決勝4試合の結果まとめ

 敦賀気比は好打線、好投で2試合連続のコールド勝ち。初回、春山陽登の左飛で浜野孝教がタッチアップし1点を先制すると、二回に伊藤剛志が2ラン本塁打を放ち2点追加した。5-1で迎えた六回には、上加世田頼希や石原幹太、渡辺優斗が適時打を放ち、一気に4点獲得。この回で10-1と大きく引き離し、試合を決定づけた。

 北越は5点を追う四回、1死一、三塁で金井大輔が中前打を放ち1点を返した。1-10で迎えた七回には西潟の三ゴロから悪送球をうみ1点。2死満塁の好機を迎えたが、得点につながらなかった。

■高校野球北信越地区大会の全打席を速報

 福井新聞社は、電子新聞「福井新聞D刊」で高校野球北信越地区大会の全試合を打席ごとに速報します。スマートフォンやパソコンで試合の流れが楽しめます。ホームページ「福井新聞ONLINE」ではイニング速報のみ公開します。

⇒全打席速報はこちら

⇒福井新聞D刊の会員登録はこちら