新型コロナウイルスワクチンの3回目接種について、47都道府県庁所在地(東京は新宿区)のうち、53・1%に当たる25市区が予約受け付け方法の見直しを検討していることが10月16日、共同通信の調査で分かった。65歳以上の高齢者への接種券発送時期に関し、福井県福井市を含む12市が12月と答えた。7市区も年内想定で準備中と回答。合わせて19市区(40・4%)となった。自治体が米ファイザー製、モデルナ製など複数のワクチンを同時に扱う可能性があることに福井市を含む27市区(57・4%)が不安だとした。

 岸田文雄首相は3回目を12月から始める方針。まず医療従事者が想定される。続く高齢者らを含め、政府は具体的な計画や実務の詳細を明らかにせず、自治体には2回打った人全員を対象とする前提で、準備を進めるよう求めている。全体像を早期に示す必要がありそうだ。

⇒福井県内のワクチン接種情報

⇒モデルナ製とファイザー製、どう違う?

 調査は10月5~13日、47市区に実施した。

 予約方法の見直しは当初、予約殺到で混乱したことが一因。「見直しを検討している」とした25市区のうち新宿、静岡、熊本の3市区はあらかじめ日時や会場を指定する方法を挙げた。接種券を一斉発送せず、数回に分けることで予約時期を分散させるとした自治体も多かった。

 「その他」と答えた福井市など13市も今後、協議して何らかの対策を講じるなどとした。残り9市は「検討していない」だった。

 3回目で、モデルナを含め管理方法が違う複数のワクチンを扱う場合に「不安」とした27市区のうち、16市は「ワクチンの打ち間違い」を懸念点とした。

 高齢者への券送付では、政府方針が明確でないとして「未定」とした自治体も目立った。方針が示されれば、年内に対応するケースが増える可能性がある。先行する見込みの医療従事者への券発送は、少なくとも31市区が11月からを予定または検討している。

 3回目の課題を複数回答で聞くと「ワクチンがきちんと届くかどうか」(44市区)が最多。2回接種の完了時期では7市は「10月中」、37市区は「11月中」と回答した。

⇒寝ても夢に出る感染者リスト…第5波で葛藤

■福井新聞D刊で新型コロナ詳報

 福井新聞D刊では福井県内の日々の新型コロナウイルス感染状況を詳しくお伝えしています。 ⇒福井県の新型コロナ感染状況

■福井県内の感染情報、メールで速報

 福井新聞D刊では、福井県内の新型コロナウイルスの感染情報をメール速報しています。 ⇒申し込みはこちら