任期満了に伴う福井県の越前市長選挙は2021年10月17日に投開票される。いずれも無所属で、5選を目指す現職の奈良俊幸候補(59)=片屋町、前福井県副知事で新人の山田賢一候補(63)=赤坂町、美術家で新人の宗田光一候補(66)=丸岡町=の3氏が選挙戦を繰り広げてきた。開票は午後9時から市AW-Iスポーツアリーナで行われ、早ければ午後10時20分ごろに大勢が判明する見通し。

⇒越前市長選挙2021開票速報ページはこちら

 投票は17日午前7時~午後8時に市内32の投票所で行われる。16日午後8時に締め切られた期日前投票の投票者数は1万2746人で、衆院選と同日選挙だった前回の1万1230人を1516人上回った。

 選挙戦最終日の16日、奈良候補は市内全域を巡回し、夜は地元の片屋町で個人演説会を開いた。山田候補は地元の赤坂町で辻立ちし、今立地域を皮切りに市内全域を巡回。両候補とも最後の訴えに力を注いだ。宗田候補は街頭での活動は行わず、SNSでの情報発信に専念した。

⇒越前市のニュース一覧を見る

 9日現在の選挙人名簿登録者数は男性3万1697人、女性3万3443人の計6万5140人。

■福井新聞社が開票速報、21時からネット特番も

 福井新聞社は17日、越前市長選の開票速報をホームページ「福井新聞オンライン」で行う。また同日午後9時からユーチューブの福井新聞チャンネルで、田中禎浩論説委員長が市長選の出口調査や終盤情勢などを解説するオンライン特番を配信する。当選が確実になった候補者の事務所からのライブ配信も行う。⇒越前市長選挙2021開票速報ページはこちら