第145回北信越地区高校野球大会は10月16日、長野県内の3球場で開幕。県営上田野球場の1回戦第1試合は、啓新(福井2位)が小松大谷(石川2位)に2―7で敗れ、準々決勝進出を逃した。

啓新
010  000  001…2
102  000  40x…7
小松大谷

■小松大谷 岩野凌太、南彰栄―北村怜士、前本捷壮
■啓新 平井滉太、夜久凌汰、黒田彰太、田中太朗―久保田侑享

⇒【小松大谷―啓新】全打席の結果はこちら

 啓新は1点を追う二回、先頭打者の田中太朗が左前打で出塁、続く須藤源斗の犠打などで1死一三塁の好機をつくると、三枝快飛が適時打を放ち同点に追いついた。しかし二回以降は打線が繋がらず。九回に久保田侑享の適時打で1点を返したが逆転することはできなかった。

 小松大谷は初回、2死二塁から吉田創登の適時三塁打で先制。三回には2死二三塁から花本亮輔が適時打を放ち2点を奪った。七回は中谷槙吾と岩野凌太、南彰栄の適時打で計4点を挙げ、引き離した。

■高校野球福井県大会の全打席を速報

 福井新聞社は、電子新聞「福井新聞D刊」で高校野球福井県大会の全試合を打席ごとに速報します。プレー写真も更新し、スマートフォンやパソコンで試合の流れが楽しめます。ホームページ「福井新聞ONLINE」ではイニング速報のみ公開します。

⇒全打席速報はこちら

⇒福井新聞D刊の会員登録はこちら