自民党は10月11日、選対本部会議を党本部で開き、衆院選の第1次公認候補を決定した。福井1区は現職の稲田朋美元防衛相(62)=5期、福井2区は同じく現職の高木毅元復興相(65)=7期=が公認された。山本拓元農水副大臣(69)=8期=は比例北陸信越ブロックの名簿登載が決まった。順位は発表されなかった。

⇒【D刊に詳報】自民が1次公認候補決定

 福井2区については高木氏と比例からのくら替えを目指す山本氏の双方が公認を求め、福井県連は党本部に判断を一任していた。