越前市役所=福井県越前市

奈良俊幸氏

山田賢一氏

宗田光一氏

 任期満了に伴う福井県の越前市長選は10月10日、告示された。いずれも無所属で、5選を目指す現職の奈良俊幸氏(59)=片屋町、前県副知事で新人の山田賢一氏(63)=赤坂町、美術家で新人の宗田光一氏(66)=丸岡町=の3人が立候補した。2013年、17年に続き3回連続となる選挙戦に突入した。3候補で争われるのは、05年の初代市長選以来16年ぶり。17日に投票、即日開票される。

 立候補受け付けは午前8時半から市役所で行われ、2氏の代理人と宗田氏本人が出席。抽選の結果、奈良氏、山田氏、宗田氏の届け出順となった。

⇒越前市長選挙の開票速報ページはこちら

 奈良候補は、同市本多2丁目のJA越前たけふ本店前で出陣式を行った。4期16年の実績をアピールし、「政治家は夢を語るのが大事。市全体がさらに大きな夢を持って発展できるまちを築きたい」と訴えた。

 山田候補は、同市塚町の選挙事務所前で出陣式に臨んだ。市の借金の増加や人口減などの課題を挙げ、「再び輝きを取り戻し、住む人が誇れる越前市の新しい時代をつくらなければいけない」と力を込めた。

 宗田候補は、同市府中1丁目の市役所前で第一声を放った。SNSで訴えてきた政策を挙げ「若者が帰ってくるまちづくり、経済成長、歴史と文化を生かした新幹線駅前の開発を実現させる」と語った。

 期日前投票は11~16日の午前8時半~午後8時に市役所と市あいぱーく今立で、14~16日の午前10時~午後8時に武生楽市で行う。

 投票は17日の午前7時~午後8時に市内32の投票所で行われ、市AW―Iスポーツアリーナで同9時から開票される。

 9日現在の選挙人名簿登録者数は男性3万1697人、女性3万3443人の計6万5140人。