10月8日の開幕に向け準備が進む「2021たけふ菊人形」会場=10月6日、福井県の越前市武生中央公園

 70回目を迎える「2021たけふ菊人形」(まつり実行委員会主催、越前市、武生商工会議所、福井新聞社共催)は10月8日、福井県の越前市武生中央公園で開幕する。2万株以上の菊花が会場を彩り、節目にふさわしい多彩なイベントを繰り広げる。11月7日まで。

 「時を超え 花ひらく冒険記」をテーマに「ピーターパン」「不思議の国のアリス」「ヘンゼルとグレーテル」「おやゆび姫」を10体の菊人形で表現する。菊花同好会などが丹精込めて育てた作品も披露する。

 OSK日本歌劇団のレビューショーは23日~11月7日の16日間、市文化センターで1日3回公演。トップスターの楊琳(やんりん)さんらが華やかなステージを披露する。8日から同公園内のたけふ菊人形事務所で公演チケットを事前販売する。

 70回を記念し、特産品などが当たる来場者向けの抽選会がある。新しく整備した屋内催事場「まさかりどんの館」では歴代のポスターや写真を展示する。

 新型コロナウイルス感染防止対策を徹底して運営する。来場者には検温や手指消毒のほか、連絡先を記入してもらい、混雑時は入場を制限する。食のコーナーや物販営業、大型遊具の運行は土日祝日に限定する。

 6日は準備が進む会場を実行委メンバーらが視察。奈良俊幸市長や山本仁左衛門実行委会長ら約20人が、展示状況や感染防止対策を中心に見て回った。

 期間中無休。午前9時~午後5時。入場無料。問い合わせはたけふ菊人形事務局=電話0778(21)0175。