大型で非常に強い台風16号(ミンドゥル)は9月29日午後6時時点で、日本の南を1時間に15キロの速さで北に進んだ。気象庁によると、勢力を維持して10月1日には伊豆諸島に最接近する見込みで、東・北日本の太平洋側でも暴風や非常に激しい雨の恐れがある。10月1日午後6時までの24時間に予想される雨量は、多い所で伊豆諸島200~300ミリ、東海地方、関東地方100~150ミリの見込み。⇒【続報】台風16号、最新情報はこちら

写真を拡大 台風16号によって暴風域に入る確率=2021年9月29日午後3時現在(気象庁HP引用)

 気象庁の9月29日午後4時44分の発表によると伊豆諸島では30日から雨が強まり、10月1日は東日本太平洋側と北日本太平洋側で、非常に激しい雨や激しい雨が降り、大雨となる恐れがある。10月1日午後6時までの24時間に予想される雨量は、多い所で伊豆諸島200~300ミリ、東海地方、関東地方100~150ミリ、東北地方50~100ミリの見込み。

 伊豆諸島や東日本から東北地方にかけての太平洋側沿岸では、10月1日に暴風となる所がある見込み。10月1日に予想される最大風速(最大瞬間風速)は、伊豆諸島30~40メートル(40~60メートル)、関東地方25~29メートル(35~45メートル)、東北地方20~24メートル(25~35メートル)。

 南西諸島では30日にかけて、西日本の太平洋側や小笠原諸島では30日から10月1日にかけて、東日本から東北地方にかけての太平洋側では30日から2日にかけて、うねりを伴って大しけとなる所がある見込み。30日にかけて予想される波の高さは伊豆諸島、小笠原諸島が8メートル、沖縄地方7メートル、奄美地方、近畿地方、東海地方6メートル。10月1日に予想される波の高さは、伊豆諸島11メートル、東海地方、関東地方、小笠原諸島8メートル、近畿地方、東北地方6メートル。特に伊豆諸島では、高波や暴風、土砂災害、突風などに厳重に警戒するよう呼び掛けている。