本命校の受験日。11月初旬の土曜日。 落ち着かない私と比べ、本人は朝からリラックスしているように見えた。会場へ向かう。校門前で同じ学校の親友を見つけ歓声をあげ、2人で校舎に消えていった。母親としては心...