ビリヤード店から押収された遊技機=9月24日、福井県警福井署

 ビリヤード店に置いた遊技機で客を相手に賭博をしたとして福井県警福井署、県警生活環境課、生活安全企画課は9月24日、常習賭博の疑いで福井市、ビリヤード店経営の男(68)を現行犯逮捕したと発表した。

 逮捕容疑は、9月15日午後7時ごろ、男の経営する同市のビリヤード店に設置したパチンコ、スロット12台を使い、来店した不特定多数の客を相手に賭博をした疑い。同日逮捕した。

 福井署によると、8月初旬に情報を得て捜査を進め、9月15日に店を家宅捜索した。店内にいた客の越前市の20代男2人を単純賭博の疑いで現行犯逮捕し、交換用を含めて店にあった遊技機計21台を押収した。遊技機の点数に応じ、現金と交換していたという。