福井県営球場

 来春の選抜高校野球大会につながる第145回北信越地区高校野球福井県大会(福井新聞社後援)最終日は9月25日、福井市の県営球場で、北信越大会(10月16日~・長野)の出場残り1枠を懸けた3位決定戦の敦賀気比―丹生、決勝の啓新―福井工大福井が行われる。

 夏の甲子園大会8強の敦賀気比は、準決勝で6失点したが失策は3試合で一つと守りは堅い。28年ぶりの秋の北信越大会出場を目指す丹生は、1年生左腕エース井上颯太の出来が勝負の鍵を握る。

 決勝は攻守ともに盤石な試合運びで勝ち上がった2チームが激突する。啓新は打線が全4試合で2桁安打、計45安打をマークするなど好調。準決勝では敦賀気比を破り勢いに乗る。福井工大福井は4試合全て無失点で、3試合でコールド勝ちし、計40得点と爆発力があり攻守で抜群の安定感を誇る。啓新は秋の県大会初優勝、福井工大福井は3年ぶりの頂点を狙う。

 試合は新型コロナウイルス感染拡大防止のため、部員と教職員、保護者を除き無観客で行う。

【県営】
▼3位決定戦
敦賀気比―丹生(午前9時半試合開始予定)
▼決勝
啓新―福井工大福井(午後1時試合開始予定)

■高校野球福井県大会の全打席を速報

 福井新聞社は、電子新聞「福井新聞D刊」で高校野球福井県大会の全試合を打席ごとに速報します。プレー写真も更新し、スマートフォンやパソコンで試合の流れが楽しめます。ホームページ「福井新聞ONLINE」ではイニング速報を公開します。

⇒全打席速報はこちら

⇒福井新聞D刊の会員登録はこちら