リラックスして星空の映像を楽しむ家族連れ=9月23日、福井県の福井市自然史博物館分館セーレンプラネット

 赤ちゃん、大歓迎―。小さな子どもと家族に気兼ねなくプラネタリウムを楽しんでもらう特別投映会が9月23日、福井県の福井市自然史博物館分館セーレンプラネットで開かれた。

 同施設が初めて企画した。子どもたちを驚かせず、リラックスしてもらえるように、会場の照明をゆっくり落としたり、童謡を流したりするなど工夫。月とウサギのストーリーや満天の星空が次々と映し出され、親子約60人を楽しませた。

 福井市から親子3人で訪れた男性(34)は「小さな子どもがいる家族同士なので、いつもより気軽に鑑賞できました」と笑顔を見せた。同施設は今後も企画を続ける予定。