第145回北信越地区高校野球福井県大会準々決勝・福井工大福井-大野、三回裏、適時三塁打を放った福井工大福井の髙山貴誉=9月20日、福井県営球場

 来春の選抜高校野球大会につながる第145回北信越地区高校野球福井県大会は9月20日、準々決勝4試合を実施。福井県営球場第2試合は、福井工大福井が大野に15-0で五回コールド勝ちを収め、準決勝進出を決めた。福井工大福井は13安打と自慢の打線で大野を圧倒した。

⇒【写真特集】大野―福井工大福井(写真27枚)

大野
000  00…0
075  3X…15
福井工大福井

■大野 清水惇矢、土本社、川越晴紀-岩岡龍哉、廣瀬心暖
■福井工大福井 鳴海仁哉-髙山貴誉

⇒【大野―福井工大福井】全打席の結果はこちら

 福井工大福井は二回、2四球と右原誠のバントヒットで無死満塁とすると、木本竣太の左前適時打で2点を先制。さらに満塁とし押し出しで1点を加えると、向嶋大輔の適時二塁打で3点を追加。この後、鳴海仁哉にもタイムリーが飛び出し、この回一挙7点を奪った。三回は1死満塁から池田皓の左前適時打で2点を加え9-0。さらに2死満塁とチャンスを広げ、髙山貴誉の走者一掃の三塁打で12点目を奪った。四回にも3点を加え計15点の猛攻を見せた。

 大野は五回、先頭の土本社が二遊間へのヒットで出塁。続く廣瀬心暖も左前打で続くと、代打・榎想空は四球を勝ち取り無死満塁。反撃のチャンスを手にしたが、あと1本が出ず一矢報いることができなかった。

■高校野球福井県大会の全打席を速報

 福井新聞社は、電子新聞「福井新聞D刊」で高校野球福井県大会の全試合を打席ごとに速報します。プレー写真も更新し、スマートフォンやパソコンで試合の流れが楽しめます。ホームページ「福井新聞ONLINE」ではイニング速報のみ公開します。

⇒全打席速報はこちら

⇒福井新聞D刊の会員登録はこちら