福井県庁

 福井県は9月17日、新たに10~80代の男女17人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。感染経路は10系統に分かれ、7系統12人は県外関連の感染につながる経路とみられる。近隣府県は依然として政府の緊急事態宣言、まん延防止等重点措置の対象地域で、県は18日からの3連休における県境をまたぐ旅行や帰省の原則中止・延期をあらためて促した。

 県によると、今年のお盆期間(8月13~16日)に福井から大阪府を訪れた人は昨年の1・4倍、愛知県へは2倍近くに上った。この期間の人の移動が8月の感染急拡大や県独自の緊急事態宣言の長期化につながったとみている。昨年は9月の連休の方がお盆より県外往来が多かったという。

 17日発表の新規感染者は福井市11人、小浜市4人、高浜町2人。県内の感染者は累計で2916人。

 関西電力は高浜原発の点検作業に従事している協力会社の従業員1人の感染を公表した。

■福井新聞D刊で新型コロナ詳報

 福井新聞D刊では福井県内の日々の新型コロナウイルス感染状況を詳しくお伝えしています。 ⇒福井県の新型コロナ感染状況

■福井県内の感染情報、メールで速報

 福井新聞D刊では、福井県内の新型コロナウイルスの感染情報をメール速報しています。 ⇒申し込みはこちら