第100回全国高校サッカー選手権福井県大会組み合わせ

 第100回全国高校サッカー選手権福井県大会の組み合わせ抽選会は9月14日、福井市の福井放送で開かれ、出場27チームの対戦カードが決まった。第2シード福井商業のゾーンに金津、坂井など実力校が集まった。大会は25日に開幕し、優勝チームは全国高校選手権大会の出場権を得る。

 全国高校選手権県大会、県高校春季総合体育大会、県高校新人大会の過去2回の成績を基にシードを決定。第1シードが丸岡、第2シードが福井商業、第3シードが北陸、第4シードが福井工大福井となった。第5~8シードには順に、藤島、啓新、金津、敦賀気比が入った。残り19チームの主将が順に抽選を行った。

 4連覇が懸かる丸岡は初戦の2回戦で、勝山と丹生の勝者と対戦する。昨年準優勝の福井商業と4強の金津、坂井が入ったゾーンは混戦になりそうだ。県高校春季総体で4強入りした北陸は武生東と武生の勝者と初戦の2回戦を戦う。福井工大福井のゾーンには藤島のほか、羽水や三国が入った。

 25日に1回戦、26日に2回戦、10月24日に準々決勝、同31日に準決勝を行う。決勝は11月7日、坂井市のテクノポート福井スタジアムで行われる。新型コロナウイルス感染拡大防止のため、1、2回戦は無観客で開催する。準々決勝以降は未定。