福井県福井市の福井地方裁判所

 2020年11月に酒気を帯びて乗用車を運転中、パトカーから逃走中に軽乗用車に衝突し、大学生2人を死傷させたとして、自動車運転処罰法違反(危険運転致死傷)と道交法違反(酒気帯び運転など)の罪に問われた福井県福井市の元会社役員の男(47)の初公判が9月13日、福井地裁で行われた。男は「危険運転ではないと思う。他は間違いない」と一部否認した。

 冒頭陳述で検察側は、…

⇒【D刊でもっと】記事全文を読む