スマホでQRコードを読み取って引くことができる非接触型おみくじ=9月10日、福井県福井市の足羽神社

 スマートフォンを利用して引く非接触型のおみくじシステムを、仁愛女子短期大学2年の齊藤礼奈さんが開発し、福井県福井市の足羽神社で9月10日から運用が開始された。神社に設置されたQRコードを読み取れば引くことができ、新型コロナウイルスの接触感染のリスクを軽減する狙い。齊藤さんは「幅広い世代の人に安心して楽しんでもらえれば」と話している。

 同神社では従来、筒を振ったり箱から選んだりするおみくじを設置していた。感染対策のため、非接触型にしたいと齊藤さんの所属する研究室に相談。齊藤さんは今年4月から、卒業研究の一環として開発を始めた。

 スマホでQRコードを読み取り「ひいてみる」ボタンを押すと、番号が表示され、画面を見せてお金をさい銭箱に納めると、番号のおみくじの紙を受け取れる仕組み。画面に表示する「おみくじ足羽神社」の文字を宮司の直筆にしたり、ボタンを押してから番号が表示されるまで少し間を持たせたり、「おみくじ特有のわくわく感は損なわないよう工夫した」と齊藤さん。

 今後さらに改良を加え、同神社のホームページからも引ける形にする予定。