鮮やかに色づいた「越前柿」=2018年、福井県あわら市柿原

 福井県あわら市出身のデザイナー高木めぐみさんが、農村地域を盛り上げるオンライン交流イベントの開催に向け準備を進めている。高木さんは9月6日、クラウドファンディングのレディーフォーで資金100万円の寄付募集を開始した。

▽実行者:高木めぐみさん
▽目標金額:100万円
▽締め切り:10月14日
▽ギフト:5千円から40万円まで12種類

 あわら市柿原(かきばら)出身の高木さんは、同区のまちづくりに携わる中で、移住しなくても遠方から農村を応援できる手段を模索。自身が県内各地の農村を取材し、魅力発信する活動に挑戦することにした。交流イベントは活動の第1弾として柿原で実施。10月16日にビデオ会議アプリ「Zoom」で農園と参加者をつなぎ、生産者が特産の越前柿などについて説明する。

 このプロジェクトは福井県による「ふるさと納税による新事業創出支援事業」の認定案件で、福井新聞社と福井銀行も協力している。寄付額のうち2千円を除く金額が税控除の対象となるため、自己負担2千円でプロジェクトの後押しができる(寄付者の給与収入などにより控除額に上限あり)。