歴史講座「若狭の石山城と本郷氏の山城」のチラシ

 戦国時代にかけ福井県おおい町を治めていた武将の居城について学ぶ歴史講座「若狭の石山城と本郷氏の山城」が9月12日、おおい町立郷土史料館で開かれる。無料で申し込みは不要。新型コロナウイルス禍のため、町民を中心に来場を呼び掛けている。

 町内には19カ所の城跡が確認されており、本郷地区の本郷氏の達城(たちじょう)、佐分利地区の武藤氏の石山城は規模が大きく堅固な造りだという。このうち石山城は、県内では発掘調査された数少ない山城。

 講座は午後1時半から同3時。福井県埋蔵文化財調査センター元所長の赤澤徳明氏が講師を務め、武藤氏と本郷氏の山城の特徴について解説し、比較する。

⇒福井県内の城を学び楽しむ「ふくい城巡り」

 問い合わせはおおい町立郷土史料館=電話0770(77)2820。