福井県による新型コロナウイルスワクチンの集団接種会場である福井市のエルパプラスで9月4日、12歳以上の小中高生を対象にした優先枠での接種が始まった。

 午前9時~午後7時半に、54人が接種を行った。福井市の中学3年生は「受験もあるので接種したかった」と話し、母親も「いろんな情報があるけれど、重症化させないために接種させたかった」と安心した様子だった。

 小中高生の枠は、9月の毎週土日に各日60人設けられている。使用するワクチンはモデルナ製で、予約は原則ウェブサイトで受け付けている。接種日の1週間前に枠に空きがある場合は、一般枠に切り替える。

 5、11、12日の枠はすでに埋まっており、18日も残りは少ないという。県の担当者は「一般枠でも空きがあるので、サイトを確認して予約してほしい」と話した。

⇒【D刊】福井県内のワクチン接種状況を詳しく

 県によると、県内の12~19歳の接種率は2日現在、1回目39・3%、2回目17・2%。