福井米をPRするキャンペーンの記者会見に出席したミルクボーイの内海崇さん(右)、駒場孝さん(左)とGAGの福井俊太郎さん=8月30日、大阪府大阪市の吉本興業

 JA福井県は8月30日、福井米の2021年産新米を全国にPRする「食卓応援キャンペーン」(9月1日~11月30日)に向けた記者会見を大阪府大阪市の吉本興業で開いた。お笑いコンビ「ミルクボーイ」らが新米を試食し、コントなどで福井米のおいしさをアピールした。

 新型コロナウイルス感染拡大の中、食卓で福井米を楽しみ、家族で盛り上がってもらおうと、キャンペーンは「食卓のおいしいを、もっと楽しく」がキーワード。福井県内や都市圏などで21年産福井米の対象商品を購入すると、月替わりで現金1万円や若狭牛、県ブランド米「いちほまれ」、農産物詰め合わせなどが毎月500人に当たる。

 記者会見には、冨田勇一組合長のほか、ミルクボーイの内海崇さんと駒場孝さん、お笑いトリオ「GAG」の福井俊太郎さんの3人がゲスト出演。福井米にちなんだコントを披露した。

 炊きたてのハナエチゼン新米をほおばったミルクボーイの2人は「めっちゃ甘くて香りがいい」「米だけでずっと食べてられるほどおいしい」と笑顔。福井さんは「福井ハナエチゼンに改名しようかな」と笑いを誘っていた。

 キャンペーンは専用応募はがき、スマートフォンやウェブ(www.fukui-mai.jp)で応募できる。また9月30日まで、ツイッターでJA福井県のアカウントをフォローし、対象ツイートをリツイートすると、いちほまれ2キロが抽選で100人に当たる。