北陸自動車道上り線で発生した事故の現場=8月29日午後10時ごろ、福井県坂井市丸岡町小黒(福井県警高速隊提供)

 8月29日午後9時45分ごろ、福井県坂井市丸岡町小黒の北陸自動車道上り線で、故障した軽自動車から降りて路上にいた石川県白山市の会社員男性(19)が、後方から走ってきた車にはねられ左肘の骨を折るなどの重傷、同乗していた福井県大野市の女子高校生(18)が頭に軽いけがを負った。車はそのまま福井方面へ走り去り、福井県警高速隊はひき逃げ事件とみて捜査している。

 県警高速隊によると、男性は左側の路肩に停車した後、故障した部分を確認しようとして車外に出てはねられたとみている。

 県警の実況見分や鑑識のため、上り線丸岡インターチェンジ(IC)-福井北IC間が29日午後11時15分から約2時間55分にわたり通行止めとなった。