京都国際―敦賀気比 8回表敦賀気比1死一、二塁、前川誠太が左前に先制打を放つ=8月26日、甲子園

 第103回全国高校野球選手権大会第13日は8月26日、甲子園球場で準々決勝が行われ、福井代表の敦賀気比は第1試合で京都国際(京都)と対戦。敦賀気比は2-3でサヨナラ負けを喫し、4強入りはならなかった。

敦賀気比
000  000  020…2
000  000  021x…3
京都国際

午前8時試合開始

■敦賀気比 本田克、吉崎空、竹松明良―長尾朝陽、渡辺優斗
■京都国際 平野順大、森下瑠大―中川勇斗

⇒【敦賀気比―京都国際】全打席の結果はこちら

 敦賀気比は八回、1死一、二塁から前川誠太がレフト前に適時打を放ち先制。続く小西奏思の犠飛で1点を加え2点差に引き離した。同点に追いつかれ迎えた九回、東鉄心が出塁したが得点につなげることができなかった。

 先発の本田克は5回1/3を投げ得点を許さない好投。継投した吉崎空は2点を失うも、ピンチを切り抜ける投球を見せた。九回に登板した竹松明良は犠打を許し、続く打者にサヨナラ勝ちにつながる右前打を放たれた。

 京都国際は2点差で迎えた八回、1死満塁から押し出しで1点差に詰め寄ると、続く森下瑠大の一ゴロの間に三塁走者が生還、試合を振りだしに戻した。九回、平野順大がセンター前打で出塁し、犠打で走者を進めると松下恵富がライト前に運び試合を決めた。