赤や黄、オレンジ色の花を咲かせているポーチュラカ=8月23日、福井県の坂井市ゆりの里公園

 福井県の坂井市ゆりの里公園で、ポーチュラカが赤や黄、オレンジ色の花を咲かせ、来園者は花に囲まれて散歩を楽しんでいる。

 「花の駅」と銘打つ同園は2019年からユリを植えていない7~9月の時期を利用してポーチュラカを栽培している。今年は1万2千本が花を咲かせている。

⇒【記事】1本のユリに54輪「想像以上」

 日光を浴びると花弁が開く特性があり夕方にはしぼんでしまうため、日中早い時間の観賞がおすすめだという。カラフルな花畑は、9月いっぱい楽しめる。

 ポーチュラカの花言葉は「いつも元気」。同園の担当者は「明るいビタミンカラーの花を見て、コロナ禍でも元気を出してほしい」と話していた。

 園内には、白と赤の花を使ってハートを描いた花のアートも隠されている。