三重―敦賀気比 1回裏敦賀気比無死満塁、上加世田頼希が左前に先制打を放つ=甲子園

 第103回全国高校野球選手権大会第11日は8月24日、甲子園球場で3回戦が行われ、福井代表の敦賀気比は第3試合で三重(三重)と対戦。敦賀気比は6-3で三重に勝利し準々決勝進出を決めた。

三重
000  000  120…3
510  000  00x…6
敦賀気比

■敦賀気比 本田克―長尾朝陽
■三重 上山颯太、辻亮輔、谷公希―服部優成、高山亮太

▽本塁打 池田彪我(三重)

⇒【敦賀気比―三重】全打席の結果はこちら

 敦賀気比は初回、打者一巡の猛攻を見せた。無死満塁から上加世田頼希が適時打を放ち先制した。なお無死満塁で、前川誠太は内野ゴロも三塁手の本塁送球が逸れ追加点。続く小西奏思は中前へ運び4-0とした。さらに1死一、二塁から長尾朝陽の適時打で1点を奪い、この回計5点を挙げた。

 先発の本田克は3点を失ったが、安定した投球。逆転を許さず完投した。

 三重は七回、宝田裕椰と藤井勇斗の連打で1死一、二塁の好機をつくると、続く服部優成の二ゴロが相手守備の乱れを誘い1点を奪った。八回には無死一塁から池田彪我がレフトスタンドへ本塁打を放ち3点差に詰め寄った。

 敦賀気比は大会第13日の26日、第1試合で京都国際(京都)と対戦する。

⇒【全打席速報】8月26日午前8時~敦賀気比vs京都国際

■福井新聞D刊で全打席速報

 福井新聞社は、全国高校野球選手権大会福井代表の敦賀気比の試合を電子新聞「福井新聞D刊」で打席ごとに速報します。ホームページ「福井新聞ONLINE」ではイニング速報のみ公開します。

⇒全打席速報はこちら