折り重なるように咲いたユリ=8月23日、福井県敦賀市

 福井県敦賀市の鴛谷美義さん(83)方の庭で、1本のユリに54輪の花が付いた。「景気が良いし、心が癒やされる」と見守っている。

 毎年庭で野生のユリが咲いており、今年8月初旬、妻の良子さん(81)が例年よりつぼみが付いた苗を見つけた。「今年はいっぱい咲くだろう」と期待していると、盆前から想像以上の花が開いたという。

 福井県総合グリーンセンターによると、植物に異常が生じて奇形となる「帯化」とみられる。今年はユリで多く、担当者は「珍しい現象」という。 ⇒【写真】福井市内でも…大量

 8月23日は高さ1メートルほどの茎の先に、白い花が折り重なるように咲いていた。鴛谷さんは「友達に見せたい」と笑顔。良子さんは「生まれて初めて見た。本当にびっくり」と眺めていた。