東京五輪陸上の男子110メートル障害予選で泉谷駿介(順大)は13秒28の4組2着、金井大旺(福井陸協登録、ミズノ)は13秒41の5組3着で日本勢57年ぶりの準決勝進出を決めた。高山峻野(ゼンリン)は1...