東京五輪野球準々決勝・日本―米国 3回、先制打を放つ吉田正尚=8月2日、横浜スタジアム

 東京五輪野球の準々決勝は8月2日行われ、福井県勢の吉田正尚(敦賀気比高校出身、オリックス)、栗原陵矢(旧春江工業高校出身、ソフトバンク)が出場した日本は、アメリカに7-6で延長十回サヨナラ勝ちし、準決勝進出を決めた。

 クリーンアップの一角としてスタメン入りした吉田は三回裏、2死二塁からセンターへ貴重な先制タイムリーヒットを放つ活躍を見せた。栗原陵矢は延長十回に送りバントを決め、チャンスを広げた。

⇒【東京オリンピック】福井県勢の活躍を随時更新中