女子シングルス1回戦 韓国選手と対戦する山口茜=武蔵野の森総合スポーツプラザ

 東京五輪バドミントン女子シングルスの決勝トーナメント1回戦は7月29日、福井県勢の山口茜(勝山高校出身、再春館製薬所)が韓国の金佳恩に2-0で勝ち、準々決勝進出を決めた。

⇒【特集】小学生の頃から頭角…山口茜の競技生活の軌跡

⇒【特集】山口茜の五輪初戦を写真で振り返る(D刊)

 ×  ×  ×

 福井新聞の調査報道「ふくい特報班」(通称・ふく特)は、県勢選手への応援メッセージを募集します。皆さんが注目している全国のアスリートへの激励も受け付けています。メッセージは、紙面と福井新聞ONLINEで随時紹介していきます。

 応援メッセージの応募はこちらの専用フォームからご投稿ください。期間中、何度でも記入いただけます。