恐竜モニュメントをバックにアテンダント(左奥)と出発前に記念撮影する親子=7月23日、福井県福井市のえちぜん鉄道福井駅

 えちぜん鉄道勝山永平寺線(福井県)で7月23日、観光特別列車「きょうりゅう電車」の本年度運行が始まった。子どもたちは車内の恐竜モニュメントに「格好いい」と歓声。クイズに答えて勝山市の福井県立恐竜博物館に向かう道中のワクワク感を高めていた。

 県とえちぜん鉄道が休日などに1日1便運行する。午前9時47分に福井駅を発車し、勝山駅からはバスで恐竜博物館に移動する。新型コロナウイルス感染症の影響でゴールデンウイーク期間中の運行が中止となり、この日は昨年11月以来のお目見えとなった。

 予約した県内外の親子ら21人が、福井駅で恐竜の卵形をした特別券を購入して乗車。ティラノサウルスなどの迫力あるモニュメントと写真撮影を楽しんだ。車内上部の画面では恐竜博物館の見どころを紹介する映像が流れ、探検隊風のコスチュームを着たアテンダントが恐竜に関するクイズを出して盛り上げた。

⇒【SNSで話題の写真】4mの頭部に発達した目、史上最大の魚竜類

 親子4人で初めて乗車した神戸市の男児(5)は「電車の中に恐竜がいて楽しい」と目を輝かせていた。

 8月末までの土日祝日と9月23~26日に運行。定員50人。乗車券とは別に特別券500円が必要(未就学児無料)。予約制だが空きがあれば福井駅で当日も受け付ける。問い合わせは、えち鉄のお客様相談室=電話0120(840)508(平日のみ)。