ひんやりか、スパイシーか。

ひんやりと心地よい冷やし中華や冷麺と、
汗をかきながらいただくスパイシーヌードル。
対極にあるようで、どちらも食べたあとは
すっきりと清涼感に満たされる“夏の麺”。

レモンの風味が爽やかな冷麺に
エスニックな味わいの麺、
そして、冷たいもスパイシーも
味わえる、ひんやりスパイシー麺など
毎日食べても飽きない
個性豊かな夏の麺を紹介します。

 

夏の自由麺究

麺の不思議を科学的に分析したり、
老舗の製麺所を見学してみたり。
さらに、カップ麺や糖質オフ麺など、
近頃話題の麺を試食。

まざまな視点から麺をひもとき、
みなさんを奥深い「麺の世界」に誘います。

うちのそうめん手帖
 
 

おうちの夏の麺といえば「そうめん」。
料理上手な方々は、自由に
そうめんアレンジを楽しんでいる模様。

家庭でも簡単にできる、ユニークな
そうめんアレンジをうかがいました。

 

夏の麺弁当一週間
 
 

簡単にできてつるりと
食べやすい「麺弁当」。

ジャージャー麺からおろしそば、
パスタ風まで、バリエーション豊かで
作る人も食べる人も嬉しい麺弁当を、
月~金曜までの5日分作ってみました。

 

夏麺の器
 

お気に入りの食器は、食事の
時間を丁寧に、奥深くしてくれます。

透明感が美しいガラスのピッチャーや
細やかなあしらいが施された越前焼の器など、
県内在住の作家6名の器を集めました。

 

子どもから大人まで、
みんな大好き「夏の麺」。
お店でも、おうちでもより深く
夏の麺を楽しんでみませんか。

 

巻頭特集 つるり、夏の麺。

≫【月刊fu】デジタル版はコチラ

※デジタル版をご覧いただくには「福井新聞D刊プラン」のご登録が必要となります。

 
 
ひんやりか、スパイシーか。
夏の自由麺究
うちのそうめん手帖
夏の麺弁当一週間
夏麺の器

 

≫『光の芸術家 藤城清治 光の世界へようこそ』はこちら

≫【月刊fu】これまでの記事はこちら