リラックスした様子で練習する東京五輪男子バスケットボールのスロベニア代表。中央はNBAでプレーするルカ・ドンチッチ選手=7月18日、福井県福井市の福井県営体育館

 東京五輪男子バスケットボールに初出場するスロベニア代表の事前合宿が福井県福井市の福井県営体育館で始まり7月18日、報道陣に公開された。米プロバスケットボールNBA屈指のポイントガード、ルカ・ドンチッチ選手らがリラックスした表情で軽快な動きを見せた。

 練習は午後7時からの冒頭15分のみを公開。ドンチッチ選手らは1対1でのシューティング練習やスリーポイント練習などで汗を流した。

【動画】NBAのヴラドコ・チャンチャール選手(画面左)とキャプテンのエド・ムリッチ選手のインタビュー(福井市提供)

 

 合宿は非公開。新型コロナウイルス対策で市民と接する交流はなく、主将のエド・ムリッチ選手は「コロナ禍で町を見て歩くことや、多くの人と会うことができないのが残念」と語った。

 1次リーグC組のスロベニアは、同組の日本と7月29日の第2戦で対戦する。日本について「とてもいいチームだと聞いている。難しい試合になると思うが、最後までいいゲームをしたい」と力を込めた。

 アレクサンダー・セクリッチ監督は「日本との試合以外はスロベニアを応援して」と呼び掛けていた。

【動画】アレクサンダー・セクリッチ監督のインタビュー(福井市提供)

 

 選手12人を含む一行26人は17日に福井入り。21日まで市内のホテルに宿泊し、調整を続ける。